私流投資の魔術。

サラリーマン兼個人投資家が投資で人生を豊かにしようと試行錯誤。

ご挨拶と免責事項。

 

   こんばんは。

 

   新しくブログを始めました、クリプトンと申します。よろしくお願いします!

 

・扱う内容

   主に投資にまつわる情報。具体的に何と分野を決めず、その時々によって気になった情報を掲載出来たら良いなと思ってます。皆さんに投資について知ってもらう、というよりも私の勉強として色々扱って行きたいと思います。

 

・経歴と投資経験について

   高校を卒業して2013年に一般企業に就職しました。普通のサラリーマンです。 私の勤めている会社はどちらかと言えば体育会系のノリが強く、飲む・買う・搏つが常的にあり、完璧な年功序列、女性は昇進出来ない古い体質の会社です。 そんな環境なので、仕事が早く終わっても飲み会やら合コンやらに連れ回され、仕事は面白く好きだったのですが早々に勤めていることが苦痛になり、稼いで辞めてやるぞという気持ちになっていました。

   最初の内、投資は賭博のイメージが強く、嫌煙していました。 最初に取り組んだのは、ポイントサイトに登録してちまちま稼ぐことでしたが非常に手間がかかるのと、そのわりには現金化に制約が多いため月に1円も稼げないことが多く、なおかつ面白くなかったので直ぐに止めてしまいました。

   次に取り組んだのは、利率の良い銀行に預けて利息を貰うことでした。 定期預金は元本が保証されているので安心だと思って、短期のものでネット銀行を利用して定期預金を組みました。これは特に手間をかけることもなく、半年も経てば1,000円程度のお金がもらえました。

   この経験は私の発想を大きく変えました。 一つはお金を使ってお金を稼ぐということ、一つはネットでお金を扱うことに抵抗感がなくなったことです。

 そして辿り着いたのが株式投資でした。 元々会社の持株会に加入していて(賭博だと思ってたのと矛盾してますが…)興味はあったのと、職場で上司や同僚が取り組んでいたのと、同級生で同じように取り組んでいる人が居たこと、そして何よりも入社してからコツコツ貯めたお金が100万円を超えたことが後押しして、株式投資の世界へと踏み入りました。

   始めた時期は2015年1月で、当時はアベノミクス相場が20,000円代へと駆け上がる強力な上げ相場でした。私は何も勉強をせずに取り敢えず50万円程を名前を知っている会社に突っ込みました(今考えると非常に大胆と言うよりも無謀ですね)が、これが数週間で10%以上も上がり、すっかり舞い上がってしまいました。地合いが良かったので当時はそういった銘柄が多かっただけなのですが、幸せなことに本気でこれで生活が出来ると思ってしまいました。 給料との二本立てで良い暮らしが出来ると目論んだので、もし私が欲が少なく慎ましやかな性格をしていたら、株で食べれるなら辞めちゃおとでも考えて辞めていたような気がします。

   日経平均はその年の6月末に21,000円を目前にするまでほとんど下げることもなく、私のように知識もないビギナーも大いに稼ぐことが出来ました。そこで得た経験が夢を見させてくれたことが、初恋の経験がその後の恋愛を決めるように、今も変わらず投資の世界に憧れを持って取り組んでいる理由だと思います。

   その後は皆さんご存知のとおり9月末に17,000円を割るまで落ち、そこで大きな含み損を抱えました。これで怖さを知ったので、またその後20,000円を超える最後の上昇があったときも最初のような大胆さがなく、僅かばかり稼いだだけでした。

   一時的な上昇も終わり、相場が下降する中で投機的に取り組むことだけではなく、緩やかに成長する市場に投資する投資信託にも取り組み、手間をかけずにお金を増やすことも始めました。個別株に関しても本を読んで勉強を始めたりと幾分とまともに取り組んでいると思います。そのお陰かわかりませんが、2016年は少しずつですが2015年に盛大に損をした分を取り返しつつあります。

   そんな感じですので、トータルとしてはマイナスになっている私の投資実績ですが、下げ基調で横ばいが多い中でも僅かながら利益を出せたこたは良い傾向であると感じています。

   ですがまだまだ勉強中、頑張ってる途中なのでこれからもっともっと高めて行き、成果を出せるようにしたいと思います!コメント等でも様々な情報を教えていただけるととても嬉しいです。よろしくお願いします!

 

・免責事項

   当ウェブサイトの情報は、投資勧誘や風説の流布を目的としたものではありません。また、掲載している情報に関しては細心の注意を払っておりますが、掲載した情報や見解に誤りがあった場合、第三者によるデータの改ざん等事由の如何を問わず一切責任を負いかねます。投資に関する決定は皆様が自身の判断で行うようお願いします。